社長挨拶

社長挨拶

当社(田中建設工業株式会社・TANAKEN)は、1982年2月に創業者田中俊昭(現名誉相談役)により設立されました。
以降35年、新橋を拠点に「解体並びに関連する環境ビジネス」を通じ「人にやさしい環境づくり」という究極のテーマに向け、邁進して参りました。

2016年6月に建設業の許可に係る業種区分が約40年ぶりに見直され、解体工事業が新設・施行されました。これは戦後70年が経ち高度経済成長時代の建造物が更新期を迎え、また、東日本大震災後の耐震化ニーズの高まりもあり、今後解体需要が更に増加していくことが予見されます。このことから解体工事について事故を防ぎ、工事の質を確保するため必要な実務経験や資格のある技術者を配置できる企業に限定して許認可を与えて行こうとの背景があります。
当社は、この業法改正に即応すべく、2016年8月に「解体工事業」の建設業許可をいち早く取得致しました。

当社は、永年解体工事業者として又環境ビジネスに従事する者として培ってきた経験と信頼の下、工事の更なる「見える化」に注力し、お客様の安全・安心のニーズに応えると共に、コンプライアンス重視の経営を推し進めて参ります。又、今後拡大が見込める「建替え・再開発」等の都市再生ビジネスの推進者として、又解体スペシャリストとしてのコンサルタントとして、プロジェクトへの関与を積極的に行い、エコ社会の実現と社業の発展を通じて社会に貢献することを使命と考えております。

「思いやり・信頼・感謝」という経営理念を全社員が常に胸に抱き、スピード感とチャレンジ精神を持って、日々努力して参る所存であります。
今後とも、宜しくお願い申し上げます

企業情報